共幻社様からもご案内いただいておりますとおり、このたび「恋するタブリエ」は大幅改稿、改題いたしましてマイナビファン文庫様より紙の書籍を出版していただくことになりました。タブリエに関わってくださるすべての方に本当に感謝しております。

 

 二年前にコンテスト用に書いた小さな話がこんなに幸せな展開をみせるとは!

 

 共幻社編集長高橋様には大変お世話になりました。たった二つの短い小説から私の力(非力ですが)を信じてくださり、励まし引っ張ってくださいました。自分の書いたものにこれほど思いを込めて読んでいただいたことはありません。この場をお借りしてお礼申し上げます。

良い読み手を得ることというのは、書いている者の力を数倍にも引き上げるというのを実感しました。今回はワインや料理の話ではなくて、このことを書きたいと思います。


 

 今はたくさんの小説投稿サイトがあって、プロの方もアマチュアの方も自由に作品を発表できますね。せっかく書いたのだから、誰かに読んでもらいたい。そういう欲求が満たされるのはいいなと思います。

ただ、自分の書いたものを投稿サイトでより多くの人に読んでもらいたいと思えば、横のつながりを作る努力も必要なのかなぁ、というのが投稿サイトをちょっとかじってみた私の印象です。

たくさんある投稿作品の中から無名な自分の小説を読んでみようと思ってもらうまでが大変。

交流が上手で、読書スピードが速い方には投稿サイトで作品を発表するのが合っているかなと思います。読み手=書き手でもあることが多いので、読んでもらいたいならば自分も他の方の作品を読まないといけませんから。

ネットの交流が得意でなく読書スピードが遅い私は、小説投稿サイトが上手く使えなくて少しストレスにも感じました。

 

共幻社さんのコンテストを見つけたのはそんな時です。

自分の話を読んでくれて面白いと言ってくれる人が出来たのは、とてもうれしくありがたいことでした。

以前文章教室に通っていた時のことを思い出しました。生徒は五人ほどで、私の他は年配の女性ばかり。プロ作家を目指すような養成講座みたいなものではありません。先生は私の書くものを「面白い」と言って読んでくれました。たくさんの人に読まれなくてもただ先生に読んでもらえるのがうれしくて書いていました。

投稿サイトの読み手の方よりきつい感想をズバリと言われることもありますが、編集の方や教室の先生は小説をより良いものにしたいという気持ちが書き手と同じ方向を向いているので心強いです。

 

作品の最初の読者、良き読み手を見つけることは必ず書く者の力になると信じています。

 投稿サイトで活動される方も、サークルで活動されている方も、コンテストに応募する方も、それぞれの方法でその相手を見つけられればいいなぁと。その一人が良いと言ってくれたものはきっとたくさんの良き読み手を繋げてくれるはずですから。